FC2ブログ

性格

望月です。

先日もコメントありがとうございます。

暑くなってきましたね。

それではブログ最終日宜しくお願いします。

先日、テレビでタレントの方が「0か100はっきり

しないとやだ」と言う人がいました。

正直、その性格は大変だと言っていました。

この性格は芸術家や職人としてはとても

すばらしい素質だとのことです。

自分が思うには、この性格だとなにごとも

好きか嫌いかで決めてしまい、大変ではないかと

思います。

どんなことも、その人と関わったり、話して

みてわかることもあるので。

もしかすると、一瞬の判断だけで決めてしまい。

大きな物を失ってはいないかと思います。

優柔不断の自分にとっては羨ましい部分も

あります。

しかし、自分という者は自分が一番わかって

いないので、人から見ると反対にこの資質を

自分が持っているかもしれません。

タレントの方が言っていましたが。

この性格は生き急いでるではなく、死に急いでる

と医師に言われたそうです。

人間関係ってお互いで話し合ったりして、お互い

に意見を言い合い、お互いが譲り合ったりして

一番いい方法を生みだすことが大事だと思いました。

なかなか、0か100で判断することは

難しいのかなと思いました。






わだかまり

望月です。

先日もコメントありがとうございます。

昨日はすごい雨ですしたね。

それではブログ2日目宜しくお願いします。

先日、元巨人の江川卓さんと、元阪神の小林繁

さんの、対談の動画を見ました。

とても考えされられ、感動する対談でした。

お二人は、諸事情でいろいろな因縁がありました。

まさか、この二人が対談するとは誰も思わなかった

と思います。

何回か会う機会がありましたがお互い避けていたとの

ことでした。

時が過ぎ、CMでの共演、対談することになり、お互いこの

タイミングだと思い、共演、対談したのかなと思います。

対談で言っていましたがお互いしんどかったとのことです。

しかし、会ったことによって「残りの人生が変わったものに

なった」と言っていました。

生きていると、 仕事やプライベートで色々なわだかまりが

が会って会わなくなった人もいます。

しかし、時間が経つにつれて、自分が知らなかった、相手の

事情やもしかすると自分の思い込みで相手を避けていたかもしれません。

この対談をみて、今一度、わだかまりがあった人とも一度

会ってみて、色々な事を話、また縁があれば仲よくしていき

たいと思いました。







旅行

石川さんブログありがとうございました。

本日より望月が担当させていただきます。

先日、友人2人と日帰り旅行に行きました。

いつもは、車で移動して、車の中の時間が

長いのですが、今回は主に電車と歩き

の旅行でした。

車の旅行はとにかく、移動が楽です。

遠い距離もあっという間に着きます。

今回、電車と歩きの旅行にしてみて

感じたことは、駐車場に止めたり、

止めておくストレスがなく、気分的には

時間に結構余裕が持てました。

歩いているとじっくり街を見て歩けるので

車で走っていると、見落としていたものもの

見ることができます。

なにより、今回感じたのは、三人とも歩いて

いたので、話が盛り上がりました。

同じ空間、同じ体験をしているかもしれませんが

そしてなによりも、歩いていて話がもりあがったのは

病気の話でした、みんな少しずつ、体にガタがきている

みたいで、歩いていて、あそこが痛いなどの会話が

よくでました。

これから、自分たちはなるべく、旅行に行く場合

歩くことをメインにした旅行にした方が良いと思いました。


ホケンの窓口

おはようございます。ishikawaです。

先日、会社帰りに自動車の左前タイヤがパンクしたようでした。運転していてもわかる異様な振動と音。これはいけないと会社と自宅の中間地点ほどにあるお店に止めて見てみるとタイやのパンクを確認することができました。

私も過去にこのような経験が何度もあったので、タイヤのパンクについてはなれていました。なれていたので、JAFに電話をします。自慢ではないのですが、免許を取ってすぐに契約しました。教習所の先生にも勧められ、車を買ったディーラーにも勧められたこともあり、契約しました。

JAFに契約するときも車を買ったディーラーの担当者さんに私の場合何かあったときに自力で対応できない場合があるので、契約した方がいいと厳しいことを言われました。わだかまるものがないわけでもなかったのですが、それでも契約しました。正直なにかあってはいけないのですが、いざという時には頼りになります。

若い頃はこのような保険が無駄のように思えてなりませんでした。しかし、年齢を重ね制約が増えるにつれ、保険の大切さと何かあったとき短い時間で少ないロスで元の生活に戻ることのできる大切さを感じました。

子供の朝食欠食と国論

おはようございます。ishikawaです。

先日テレビを見ていると大阪のある小学校でボランティアの方が子供たちに朝食を提供しているというのです。ボランティアの方々は60歳以上の女性で栄養士などの資格はないそうです。彼女らは朝の6時に学校に集まって準備をされるそうです。食材も安いものを販売している店舗を探したり、行政から補助金をいただいたりとてもご苦労をされていました。献立は毎日日替わりでかわり、1食50円です。昨今の偏食や欠食に対して問題意識があり始められたそうです。

2018年度の調査結果によると、15%超える小学生が、朝食を毎日食べる習慣が身に付いていない。という調査報告もでています。

この話を聞いて私はとても悲しくなりました。また、今の日本社会の矛盾を感じました。戦後間もない頃であればまだわかります。しかし、21世紀にもなってこんな状況になっています。

これは日本が戦後、利益主義を追求し続けた結果のツケが回ってきたと思います。
今の自分がわずかばかり豊かになるために未来を犠牲にした結果だと思います。

例えば、北欧ノルウェーでは、環境の影響で作物が育たなく農業に厳しい環境です。そのため何をしたかというと教育に力を入れてエンジニアや学者を多数育てることに成長しました。ノルウェー発祥で有名な通信機器メーカーが生まれました。農業が育たなければ教育に力を入れてビジネス展開がしやすい環境を作ったといいます。また、同じ北欧のスウェーデンではゆりかごから墓場までと言われるくらい福祉政策に力を入れています。お金のある人からはたくさん税金をとり、そうでない人たちからはそれなりにとるというものです。国民はこれに対して怒りを表しません。同じ国内(民)だからともに生きていこうというのです。この考えは近代日本にはないと思います。例えば、『お天道様がみている』。この考え方に近いかもしれません。

私たちは豊かな生活を送りたいです。しかし、その定義がどこの段階で外れてしまったのか?どこの段階で、ゆがんでしまったのか?そして、もう戻すことはできないのか?それをもう1度考える必要があるように思いました。
プロフィール

有限会社イーリード

Author:有限会社イーリード
静岡県沼津市にある会社です
エアコンクリーニング、しろあり駆除・防除、衛生管理の仕事をしています。
www.ereed.jp

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
イーリード日記のカウンター
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード