FC2ブログ

6日目

おはようございます。ishikawaです。6日目お願いします。

先日、東京ビックサイトで開催されたHCR(国際福祉機器展)にいってきました。平日の昼間という事でしたが、アジア最大級の福祉機器展でものすごい人がいました。

福祉機器の製造、販売をしている会社さんがB to BからB to Cと様々な方がいらっしゃいました。毎年開催されているのですが、特に業者さん系でなければ、参加する必要があまりないと思います。ただ、この手のものは実際に自分の手で目で感じ取らないと得られない物があります。

全国から介護ベット、車椅子、自動車など様々な商品の見本市です。

そして、自分のニーズはわかっているようでわかっていない様に思います。問題点の具体化が出来ていないと思います。これを解決出来る人に出会えるか、そのためのイベントにも思えます。ニーズが少ない中で、1人1人にそり沿うことが出来るようにするにはどのようにすればよいか?

自分にかけているものを探しに行ってきました。

5日目

おはようございます。ishikawaです。5日目お願いします。

先日、テレビでAIを使った学習カリキュラムを特集していました。個別学習塾での取り組みなのですが、最初に各教科の問題を解いてその人が苦手な科目をAIが判断して、個別に苦手な問題を解いていくというシステムです。これにより、生徒は20点ほど点数が上がるそうです。開発者はこのシステムをつくる際に当たって、基礎学習はAIを使って短時間に学習して、問題解決の方法や今まで学んだ知識を応用した学びは人間の先生から学んでほしいと話していました。

これはものすごいことだと思います。第一に人間の先生側に求められることもハードルが上がります。今までのようには行かないと思います。範囲の広さや深さがさらに広域になると思います。

AIは統計学なので、基礎学力の苦手なところを効率よく学習するのに有効だと思います。
しかし、問題解決をする力、生活の力は経験則が大きなウェイトを占めると思います。

これからの時代は、レアな経験をされた人、もしくはその人の困ったことを解決した事象が大事になってくるのはないかと思います。

4日目

おはようございます。ishikawaです。4日目お願いします。

最近、メッキリ寒くなってきました。もう少しで、こたつが必要になりそうです。

今月末に父親の同窓会があるそうです。その幹事を務めているようで、出欠の往復はがきを作成させて頂きました。欠席の方のメッセージを一覧にして入力する仕事させて頂きました。当日、会場で配布するのでしょう。

父親の同級生なので、70歳代、それもほぼ、元学校の先生です。文章の作りというか流れというか組立方が難し過ぎて、私にはとても追いつけません。文章とは、読んでいるとある程度先というか流れが感覚的に分かり、読み進めることが出来ると思います。しかし、この人達のメッセージは全く先が想像出来ません。それもそのはずです。ある意味文章を書くことで仕事をしてきた人たちです。漢字も旧字体を使ったりと普段つかっていない脳の筋肉を使っているようでした。

文章は、リーディングも必要ですが、いろいろな人の文章を書いたりする事で、自分の文章作成力を上げることが出来るのではないでしょうか?

3日目

おはようございます。ishikawaです。3日目お願いします。

先日、利用者さんとお互いの連絡先を交換しようという話になりました。連絡先を紙に書いてそれを渡して何かあったら、電話してという話をしました。すると、利用者さんは登録している電話番号しか電話が出来ないというのです。自分では、連絡先に登録することは出来ないというのです。

実際にその携帯電話にはそのような機能が備わっており、私は、自分の勉強不足はもちろんですが、そのような物を持たせるような時代になったことに驚きました。

例えば、子供に携帯を持たせるときの注意点であったり、購入ポイントの1つなるのでしょう。私など古いタイプの人間なので、子供に携帯を持たせるなんてと思ってしまいます。しかし、それは現実を知らない人間の意見なのかもしれません。

子供が遊べる広い公園もなく、友達を作るため維持するための必需品なのかもしれません。その中で、より安全に快適に使うためにはどのようにすれば良いか?止まることが出来ない世の中で生きていくための手段なのかもしれません。

2日目

おはようございます。ishikawaです。2日目お願いします。

先日、平日に東京へ行く用事がありました。しかし、その日に限って、スマホを忘れてしまいました。それも、普段行わないことをして、肝心なスマホを持つということを忘れてしまいました。たまたま、ヘルパーさんと一緒に行く予定でしたが、ヘルパーさんが朝、待ち合わせ場所に来るときに渋滞に巻き込まれ遅刻の連絡をいただいたのですが、私がそれを受信することができませんでした。

予定はいろいろ変わります。計画的に行わなければなりません。しかし、直前に入った予定を優先してしまうクセがこのような結果を招いたと思います。

大事だけれど、急がない。あるいは、ある程度納期がある作業に対して、遅れてしまう傾向を改めて感じました。

これを回避するためには、1つの作業を分割して管理してはと思います。
タスク管理とスケジュール管理がいまだに苦手です。
プロフィール

有限会社イーリード

Author:有限会社イーリード
静岡県沼津市にある会社です
エアコンクリーニング、しろあり駆除・防除、衛生管理の仕事をしています。
www.ereed.jp

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
イーリード日記のカウンター
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード