FC2ブログ

電源供給について

おはようございます。ishikawaです。5日目お願いします。

原発事故発生後、節電を呼びかける運動が始まりました。しかし、最近の電力需要をみますとそうもいっていられません。

昔は、20A、30Aでよかったものがかなりの高確率で40Aの世帯が増えています。
これは、電気を使うものが多くあることの証明です。
私たちは今回の事故で、原子力発電に頼っていたかと言うことを認識したとともに、仮に事故があったとき、運営会社、政府機関とも有効な手立てをもちあわせていないことを知りました。それでは、これからも原子力発電を使って行かなくてはいけないのでしょうか?

私は今回のことで自家発電システムの強化と普及をしてはどうかとおもいます。これは、個人や法人レベルできることではありません。政府主導で行う必要があります。
病院など停電しては困るところがあります。大きい病院はよいでしょうが、小さい病院では、大変だと思います。透析治療をされている人は待ったなしです。自家発電システムの強化により、原子力エネルギーに頼らない生活ができるのではないでしょうか?

この事業で新たな経済活動の活性化と雇用促進が生まれるのではないかと思います。
公共性の高い設備の自家発電導入することで、法人および個人宅への普及へとつながると思います。
節電も大切ですが、バランスの悪い発電システムに依存する方法自体が問題があるように思います。
太陽光発電、風力発電。屋根の上に風車をつけてもいいともいます。
これからの時代、無駄な電力を使わないと言うことと、バランスよく電力を作ることがテーマになるのではないでしょうか?

私は電力がないと仕事ができません。電力がないから仕事ができませんとも言えません。
電気を使っている人、1人1人が新しい形を模索すべきではないかと思います。

そうすることが復興への第1歩とおもいます。

ちなみに、でんこちゃんはどこへいってしまったのでしょうか?




ハウスクリーニング・シロアリ駆除防除は 沼津・三島・富士・静岡県東部はイーリード
プロフィール

有限会社イーリード

Author:有限会社イーリード
静岡県沼津市にある会社です
エアコンクリーニング、しろあり駆除・防除、衛生管理の仕事をしています。
www.ereed.jp

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
イーリード日記のカウンター
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード