FC2ブログ

授業

望月です。

昨日もコメントありがとうございます。

昨日は梅雨の時期の晴れ間でしたね、何か嬉しい気分になりますね。

それではブログ2日目宜しくお願いします。

小学校の時の授業で本当に戦争って残酷で辛いものだなと感じた出来事が

あしました。

その日の授業は国語の授業で戦時の物語の授業で、母親が子供たちが戦場から

無事に戻ってくることをひたすら待っている母親の物語だったとおもいます。

自分は物語の内容も戦争って悲劇だなと感じましたが、物語を読んでいる

先生の姿、行動が今でも思い出されます。

先生は物語を読んでいる途中、泣き出してしまいました、最初どうしたのかなと

思いましたが、先生からお父さんの話を聞かせて頂きました。

先生のお父さんは戦時中、徴兵で戦地にいくことになり、先生はまだ小さく

記憶があまりなかたけど駅でお父さんを送った姿は目に焼き付いていると

言っていました。

先生は戦時中の色んな記憶が思い出され、どこかでだぶるところもあったのかなと

思います。

自分はこの授業を受けることができてよかったと思います、今、先生の中でも

実際に戦争体験をした方はいないと思います。

実体験なので、本当に何か感じるものがありました。

その時感じたのは、戦争っていうのはその時の悲劇だけではなく、未来永劫つづく

悲劇だと感じました。

自分たちは戦争をせず、二度と悲劇を生まないことが先生への恩返しだと思いました。



プロフィール

有限会社イーリード

Author:有限会社イーリード
静岡県沼津市にある会社です
エアコンクリーニング、しろあり駆除・防除、衛生管理の仕事をしています。
www.ereed.jp

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
イーリード日記のカウンター
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード