FC2ブログ

他の人のために



おはようございます、おばちゃんです。

3日目も宜しくお願い致します。


16歳の少女の言葉に胸を突かれました。

『私は声を上げる。自分のためではない。平和に生きる権利、尊厳を払われる権利、均等な機会の権利、

教育を受ける権利のために戦っている「声を上げられない人」のために』

パキスタンで下校途中でイスラム過激派に銃撃されたマララ・ユスフザイさんはイギリスの病院で手術を受け

奇跡的に一命を取り留めました。

6年前に暗殺されたプット元首相のショールをまとってニューヨークの国連本部で演壇に立ちました。

テロリストは銃弾で私たちを黙らせようとした。しかし、私の人生は何も変わらない。

私の弱さ、恐怖、絶望が死んで 強さ、力、勇気が生まれたことをのぞいては。希望も夢も全く変わっていない。

そして、自分を襲った過激派を許すと言いました。

その過激派の子供たちを含め、すべての子供に教育が受けられる権利、教育に欠かせない平和を求めました。

今、私たちはとても平和な所に住んでいます。

教育も受けられますし、銃で撃たれることもありません。

戦争で傷つくこともなく、政治にも無関心な人もいます。

16歳の少女ですが、ずーっと大人です。そういう国にいたら、どんなでしょうか。

マララさんの言葉に、無関心ではいけないし人の為にも考えなくてはと思います。
プロフィール

有限会社イーリード

Author:有限会社イーリード
静岡県沼津市にある会社です
エアコンクリーニング、しろあり駆除・防除、衛生管理の仕事をしています。
www.ereed.jp

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
イーリード日記のカウンター
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード