FC2ブログ

父の気持ち。

おはようございます、真です。

毎度お馴染みになってきました、直虎の感想を書かせて頂きます。

桶狭間の敗戦以降、離反が相次ぎ衰退していっている今川家を見限り、直親は松平元康と親しい関係を築こうと鷹狩りをしました。

この松平元康は、実は今川家が用意した偽物で
した。すぐに直親に謀反の心ありと疑われ、駿府まで申し開きに来るように下知が届きます。

そして、道中に今川の刺客に襲われて帰らぬ人となってしまいました。

時を同じくして、先に駿府にいた小野政次は、今川の影の支配者、寿桂尼に偽元康のもとに届いた書状を見せられ、苦悶の表情を浮かべながら、今川に忠誠を誓うことになります。

ここから、人が変わったように政次は井伊家に対し、直親の子の虎松の後見人になることに執着し始めます。

政次は乗っ取りを模索しているようで、明らかな嫌われ役になりますが、私はもとから井伊家のお目付役という役割であった政次のとった行動は、小野家を守るための、仕方のない行動だったのかなと思います。

かつて、今川の腰巾着のようだった父親に反抗していた政次は、父親に、
お前も同じ道を歩むことになる…と言われたことを思い出しました。

一家を預かる者になれば、当然守らなくてはならないものも遥かに増えます。
責任感の強い政次に対し、将来、責任が全て両肩に乗ることになると見据えての言葉だったのではないかと感じました。

そう考えながら見ると、一家の大黒柱の辛さや孤独みたいなものが良く見えるような気がしました。

人物を異なった方面から見ると、また違った楽しみがあるなと思いました。
プロフィール

有限会社イーリード

Author:有限会社イーリード
静岡県沼津市にある会社です
エアコンクリーニング、しろあり駆除・防除、衛生管理の仕事をしています。
www.ereed.jp

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
イーリード日記のカウンター
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード