FC2ブログ

望月です。

昨日もコメントありがとうございます。

マスクをしている人が多くなってきましたね。

それではブログ四日目宜しくお願いします。

秀吉の辞世の句で「露と落ち露と消えにし我が身か

ななにはの事も夢のまた夢」とう句があります。

意味としては自分の人生ははかないものだったと

言う意味だそうです。

天下をとり、自分の思いのままにできることばかり

でしたが、叶ったことはすくなかったという

ことだそうです。

平家物語も秀吉の辞世の句もそうですが、一度

頂点に上るとそこからは下り坂しかまっていない

ので常に不安におびえなければいけないのかなと

おもいました。

まさしく盛者必衰の世界だとおもいました。

平家や秀吉も末期や晩年、間違った政策で

家を滅ぼす原因を作っています。

不安感が原因だったのかなとおもいました。

人間、大変でも夢や希望があるときの

ほうが幸せなのかなとおもいました。

自分たちが羨ましいと思っていた人たちも

その人たちなりにとても苦労していたの

だろうとおもいました。





プロフィール

有限会社イーリード

Author:有限会社イーリード
静岡県沼津市にある会社です
エアコンクリーニング、しろあり駆除・防除、衛生管理の仕事をしています。
www.ereed.jp

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
イーリード日記のカウンター
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード