FC2ブログ

責任の分散

おはようございます。ishikawaです。

先週末、東海地方に台風6号が来ました。その影響のため、安倍川花火大会は2年連続して中止とし、狩野川花火大会は日にちを延期しました。

沼津に於いては、7月27日(土)は台風の影響はなかったように思います。東日本大震災から危険を感じたら、すぐに逃げる。イベント毎は早々に中止するという動きになりました。仮に被害が出なくても、それはそれで良かったこととする。という考えになりました。

これは、ひとえに時代の変化だと思います。今まで経験したことのなかった災害を目の当たりにして、無理にイベントを開催して被害があったときに誰がどのように責任をとるのか?とても難しい問題です。

これにあわせて感じることが、誰が責任をとるか?ではなく、誰も責任をとらないか?そこにベクトルをあわせて行動しているように思います。先ほどの災害の場合、安全を優先して早めに中止する。もしかしたら、出来たかもしれないが、多少の危険のため中止の判断する。これは、必要な事です。しかし、最近の世の中では、誰も責任をとらない。あるいは責任者を作らないように思います。こうすることによって1点集中の攻撃を避ける。問題そのものを地味にフェードアウトさせる様に思います。

責任者を作らない。あるいは責任を分散させる事の弊害がいま出ていると思います。
プロフィール

有限会社イーリード

Author:有限会社イーリード
静岡県沼津市にある会社です
エアコンクリーニング、しろあり駆除・防除、衛生管理の仕事をしています。
www.ereed.jp

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
イーリード日記のカウンター
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード