FC2ブログ

4日目

おはようございます。ishikawaです。4日目お願いします。

先日、某テレビゲームソフトが販売されたというので珍しく購入しました。ハードウェアを押し入れから引き出し久しぶりに電源を入れます。すると、ネットワークにつながりハードウェア内のソフトをアップデートしています。

最近のゲーム機は高確率でネットにつながるようになっています。セキュリティの向上やそもそも、購入したソフトのヴァージョンアップになります。

なので、購入すると親御さんへという注意書きがついた説明書がついてきます。子供さんに見せてはいけない内容の設定をゲーム機に施します。課金や何でもかんでも、ダウンロードできないようにしないといけません。さらには、定期的にアップデートして下さいと書いてあります。

これは大変です。ただ、遊べばいいという代物ではありません。なぜ、この作業が必要か?この作業を行わないとどうなるかがわかっていないとできない事です。

今の時代、複合機などセキュリティの甘い環境、弱い環境から様々な情報が盗まれる危険があると聞いたことがあります。職業から詳しい家庭や好きな人がご家族にいればいいのですが、そうでないお宅。ご両親が共働きや子供さんと接する時間が少ないご家庭では不安がつきません。

遊ぶおもちゃ一つにとってもセキュリティなりリテラシーを要求されます。

ただ、楽しい面白いだけで買い与える時代ではなくそれを安全に末永く運用する方法や人間を育てる必要があると思います。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

石川君、ブログ有難う!

買ってそのままただ遊べばいいってわけではないのですね~
便利なのか不便なのか?
情報社会というのは、やはりそれを扱う人・受け取る人のモラルや人格が問われますね。
ゲームも凄いことになってきたものです。
プロフィール

有限会社イーリード

Author:有限会社イーリード
静岡県沼津市にある会社です
エアコンクリーニング、しろあり駆除・防除、衛生管理の仕事をしています。
www.ereed.jp

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
イーリード日記のカウンター
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード