FC2ブログ

望月です。

昨日もコメントありがとございます。

花粉症の季節になりましたね。

それではブログ6日目宜しくおねがします。

障害者の就業施設は労働集約産業のところ

が多いです、箱作りやアッセンブリや、農業

など、人が中心となる仕事が多いです。

そのため、その人の特性を見つけ出し、その人

にあった作業方法をみつけことが大事なのかなと

思いました。

前、機械加工会社のの社長の話を聞く機会がありました。

その機械加工会社の社長は自分が作った機械で人員削減

などで障がい者の職場を奪ってしまっているのではないかと

ジレンマがあったとのことです。

それから、社長は障がい者雇用をしている企業と協力して

障害者一人一人にあった「人を活かす機械」に注力したとの

ことです。

「人を幸せにする省力化する機械を作りたい」とのことです。

自分たちは、どこかで、機械や自動化が行き過ぎると、仕事を

失っていくイメージがありましたが、省力化や機械化で作業効率

があがれば、賃金アップも可能なはずです。

まずは自分はお仕事をいただけるよう、もっと認知活動を

していきます。










コメントの投稿

非公開コメント

No title

望月君、ブログ有難う!

「お金」が中心の世の中である限り、利益追求もそのための自動化やロボット化も歯止めがかからないと思います。
しかし、某社のように機械によって人的作業が生み出せるという発想と、それで関係各社がメリットを得られる仕組みが出来れば違った側面も出てくると思います。
大手の役割と使命の中にはそうしたものの構築もあると思うのですがね~
プロフィール

有限会社イーリード

Author:有限会社イーリード
静岡県沼津市にある会社です
エアコンクリーニング、しろあり駆除・防除、衛生管理の仕事をしています。
www.ereed.jp

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
イーリード日記のカウンター
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード