FC2ブログ

5日目

おはようございます。ishikawaです。5日目お願いします。

先日のことです。とある、ホームセンターに行ったときのことです。

「すいません。すいません」と声がします。振り返ると初老の男性がこちらを見ています。私が「はい」と答えると、「その節はお世話になりました」というのです。私は、彼に会ったのは今日が初めてです。続けて男性は、「○○の障害者スポーツ大会では、ごちそうになりました」とお話されました。それでも、わからず、困惑していると詳しく話して下さいました。
彼の話を要約すると数年ほど前、ある障害者スポーツ会場で私が、彼を含む数名にごちそうしたそうです。確かに、そのような会には出場したかもしれませんが、数名にごちそうしたことはありません。わたしはここで、スルーする手もあったのですが、もし彼が、別の場所で本当にその人に会っていたら、彼が恥をかくと思ったので、丁重に人違いの旨を伝えました。

彼は、数年前のごちそうになったことを覚えており、今度あった際にはその旨、一言お礼をとずっと思っていたのでしょう?

人間は自分がしたことについてはあまり意識がありません。しかし、していただいた側の方はとても覚えています。いいことも悪いこともそれに当たるのだなと改めて思いました。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

石川君、ブログ有難う!

もしかしてその時の石川君は泥酔していたんじゃ・・・(笑
人違いもありえますが、そういう時の対応って困りますよね~
私もここ数年、自分では「初めまして」のつもりが相手は面識がある、というパターンが増えつつあります。
自らの記憶力を疑う年齢になってきたのかも・・・(涙
プロフィール

有限会社イーリード

Author:有限会社イーリード
静岡県沼津市にある会社です
エアコンクリーニング、しろあり駆除・防除、衛生管理の仕事をしています。
www.ereed.jp

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
イーリード日記のカウンター
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード