FC2ブログ

イズシカ問題。

おはようございます、真です。

伊豆に住むニホンジカが増え過ぎて問題になっています。

農作物に与える被害も伊豆だけで1億円以上と、他人事では済まされない被害になっています。

農作物の問題だけではなく、伊豆の自然環境にも大きな損失を与えています。

保水力がある、水を蓄える木とも呼ばれるブナの木も、新芽をシカに食べられることで、天城の山には新しい木が生えてきていないそうです。

今までは、住民が猟銃や罠などで捕まえて、自宅に持ち帰って食肉にしたり、山に穴を掘って埋めたりしていたという話ですが、山に穴を掘るという作業はあまりに過酷なため、捕獲を諦める人も出てきたそうです。

そうした問題を解決するため、イズシカ問屋という、シカを解体する工場ができました。

シカは牛などに比べて個体が小さく、食べられる部分が少ないので、歩留まりも悪く個人で経営するのは難しいので、公的な機関が経営しています。

先日もニュースでやっていたのですが、肉だけでなく、皮や角などを装飾品として加工して売ったりと色々と工夫を重ねているようですが、なかなか買い手がつかず、いくら公的とは言えど、経営は火の車のようです。

伊豆のシカを食べることが、伊豆の環境を守ることにも繋がるので、見つけたら買って食べてみようと思いました。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

真君、ブログ有難う!

生態系の変化でしょうかね~
縦貫道など伊豆半島のインフラ整備が鹿や猿などに影響を与えているとも聞いたことがあります。
北海道の近隣諸島ではトドの大量発生で漁業に大変な被害が出ているみたいです。
自然や動植物とのバランスをどう考えるか?
人間中心の今、それを考える時期もきているのかもしれませんね。
プロフィール

有限会社イーリード

Author:有限会社イーリード
静岡県沼津市にある会社です
エアコンクリーニング、しろあり駆除・防除、衛生管理の仕事をしています。
www.ereed.jp

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
イーリード日記のカウンター
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード