FC2ブログ

シグナル。

おはようございます、真です。
石川さん、当番を代わって頂きありがとうございました。

今週は私が担当します、1週間宜しくお願い致します。

…まず、何度も入院ばかりして、ご迷惑をおかけして申し訳ありませんでした。

始まりは2月のことでした。
虫垂が炎症を起こし、入院して抗生剤で治療しました。

4月になり、心臓の定期検診に行ったときに、炎症を起こしていた期間中、数回の不整脈が出ていたことがわかり、取ってしまった方が良いという結論になりました。

心臓に負担をかけないため、手術の時間を出来るだけ短くしたいとの話で、大腸カメラを入れて中を見ることになり、2回目の入院をしました。

まず、検査前に3リットルもの大量の下剤を飲み、トイレで腹の中を空にしました。
そして、検査着に着替え、鎮静剤を点滴から入れ、台に横になり検査スタートです。

下剤を飲むのも辛かったですが、なにより痛みが半端なものではありませんでした。

腹の中でうごめいていた生物が、突き破って出てくるような感じでした。
これが腸が曲がっている部分ごとに襲ってくるのでたまりません。
(…幸い、見られないのは虫垂の中だけで、他にはなんの異常も見られませんでした。)

麻酔を使って痛みを起きなくさせる方法もあるらしいのですが、多少のリスクもあります。

患者が痛いと言えば、カメラを挿入する手を緩めて貰えるのですが、痛みを感じない麻酔では、大腸を突き破るなどの事故が起きてしまう可能性もあるそうです。

痛みはない方が良いに決まっていますが、そういう理由があるのなら、我慢してもいいという気持ちになります。

痛みは身体の異常を知らせる、大切なシグナルなのだなと改めて思いました。

…明日に続きます。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

真君、1週間宜しくお願いします!

復帰おめでとうございます!
また、復帰早々の登板有難うございます。
健康って本当に有難いことだと思いますよね~
私もかつて注腸検査の時は検査台の上であまりの痛みと腸内物が出ようとする症状に苦しみ、大袈裟ですが死ぬ思いをしました。
ここ1、2年は不整脈も出てきて気持ち的な不安もあります。
身体も心も健康であることがどれだけ有難いのか・・・。
お蔭で気付けるようになりました(笑
プロフィール

有限会社イーリード

Author:有限会社イーリード
静岡県沼津市にある会社です
エアコンクリーニング、しろあり駆除・防除、衛生管理の仕事をしています。
www.ereed.jp

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
イーリード日記のカウンター
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード