FC2ブログ

7日目

おはようございます。ishikawaです。最終日お願いします。

先日ある会社の社長が地元でしか生活したことがない人は採用しないという発言をして炎上して謝罪したというニュースがありました。

一般論で考えて見て下さい。どちらが良い悪いということではなく、出身地である市だけて教育を受け、その市の企業に就職をした人と、出身地とは別の地域で教育を受けたり、就職したりする人とで、思考の視座や環境への適応能力の高さはどちらが高いと想定されるだろうか。多くの読者が後者と答えるに違いない。

ましてやここの社長は、「偏見かもわからないが」、「地元に優秀な人材がいないわけではないが」と前置きしたうえで、「幅広く日本全国、世界から集めたい」と語っている。地元民にまったく配慮していない発言ではないのだ。この発言の真意をくみ取らずして、労働行政権をかざすこと自体が横暴ではないだろうか。

1部門だけでキャリアをつくってきたスペシャリストに、他部門への移動を薦めると、異動を嫌がる人が実に多い。聞いた話の中には、人事本部長更迭事件にまで発展したケースがあるようだ。井の中の蛙になりたくてなっているわけではないが知らないうちに望んでいるのである。それで済めばいいのですが、それはある日突然に訪れます。自分の知らない部署への転属。自分より能力の高い人の登場。
生活環境の変化への対応。自身のそれまでのスキルで対応出来ない日の訪れ。
私たちはいつ何時そのような日に出会うかもしれないのです。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

石川君、1週間ご苦労様でした!

外海を知らないより知っていた方が良いでしょうね。
もっと大事なのは、
「生き残るのは強い者でなく変われる者」
という名言が残っているとおり変化に挑み対応できるということだと思います。
一貫性も必要ですが、好きか嫌いかでなく為すべきかどうか、必要かどうかという判断基準で行動していきたいですね!
プロフィール

有限会社イーリード

Author:有限会社イーリード
静岡県沼津市にある会社です
エアコンクリーニング、しろあり駆除・防除、衛生管理の仕事をしています。
www.ereed.jp

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
イーリード日記のカウンター
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード