FC2ブログ

6日目

おはようございます。ishikawaです。6日目お願いします。

先日読んだ記事にIT機器は定期的に新しいものにしなさいとありました。壊れていなくても、古くなると性能が遅くなり作業効率が悪くなります。新しい機能が出てきて、それが作業効率を大幅に上げます。時間の損失が甚大であると書いてありました。確かにそうおもいます。潤沢な予算がある環境ならば出来ます。しかし、多くの人はそれが出来ないから困っていると思います。

製品寿命と性能寿命という言葉らしいです。

製品寿命は読んで字のごとし、製品が使う事が出来るまでの時間。
性能寿命とは、その製品が使い勝手が良い期間をいうそうです。
古い機械を使っていると、消費全力が余計に掛かり電気代があがります。
ある程度の時期で買い換える事によって、電気代や性能が向上しトータルで見るとお得なようです。

単価だけで見ると高額ですが、中長期的に見ると安価になることがあります。
どこに着眼点をおいて、予算をどう作るか?とても難しい問題だと思います。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

石川君、ブログ有難う!

冒頭の言葉はメーカーの戦略と取れなくもありませんが!?
予算云々はいったん置いといて・・・
かつての日本は物を大事に大切に長く使うという文化がありました。
勿体無い文化もあったと思います。
それが希薄になることで経済が回るという見方も出来ますが、環境や長期的な経済を考えると物の短命と利益優先は人類の破たんに向かうように思います。
メーカーも商売ですが、ソフトは新しいものを展開していき、ハードは長持ちを考えるべきではないでしょうか。
地球がゴミだらけになる日も近いですからね!

プロフィール

有限会社イーリード

Author:有限会社イーリード
静岡県沼津市にある会社です
エアコンクリーニング、しろあり駆除・防除、衛生管理の仕事をしています。
www.ereed.jp

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
イーリード日記のカウンター
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード