FC2ブログ

プチ生い立ちの記<2>

おはようございます、真です。
生い立ちの記ではないですが、昨日の続きです。

透析中は、体液が管を通るたびに激痛が走るため、我慢を知らない赤ん坊だった私は、管を引き抜いてしまいました。

そうすると、また手術をし、管を入れなくてはならないので、手足を縛り付けての透析になりました。

そうして、2週間くらい、紐で縛り付けて腹膜透析をやり続けていたため、一切笑わなくなってしまったようで、まだ記憶のなかった私は、幸せだったと思わざるをえませんでした。

精神的にも、かなり追い詰められた病気だったようです。
見ている両親も、とても正気ではいられない状況だったということです。

幸いにも、症状は改善し、腎臓の片一方が動いていない状況らしいですが、普通に生活が出来るまでに回復しました。

そして、現在の持病の心臓病とは関係がないと言われています。

他の兄弟は今まで入院もしたことがないほどに、健康そのものなので、兄弟の分の病気も持って生まれた身体で、運命なのかなと考えるようになりました。

そう考えた方が美談で終われますが…ずいぶん自己満足的な完結方法だと思いました。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

真君、ブログ有難う!

人生は皆、平等に運が分けられていると言います。
本当か?と疑いたくなることもしばしばですが、そう思う私はそれに気づいていないだけだと教わりました。
また、運を与えられても活かせない人もいると聞きました。
真君にも平等に分けられた運があると思います。
辛い思いをした一方、今、生きている・働ける事実も運の一つかもしれませんね。
お互い、頂いた運を活かしていきましょう!

プロフィール

有限会社イーリード

Author:有限会社イーリード
静岡県沼津市にある会社です
エアコンクリーニング、しろあり駆除・防除、衛生管理の仕事をしています。
www.ereed.jp

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
イーリード日記のカウンター
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード