FC2ブログ

石川さん、一週間ありがとうございました。

本日より、望月が一週間担当させていただきます。

それではブログ一日目宜しくお願いします。


昔、お葬式にでたときに、流れていた曲

でいい曲だなと思っていた曲があります。

最近その曲を聞く機会がありまして、調べて

みると、そういう、意味だったんだとおもい

ました。

その曲はアンドレ・ギャニオンさんの

「めぐりあい」という曲です。

お葬式はどちらかというと、別れのイメージ

なので、真反対の意味だと思いましたが、

よくよく、考えてみるとお葬式ぐらいしか

親戚に会える機会がないし、自分も何十年も

会っていない親戚がたくさんいます。

ある意味、めぐりあいだとおもいました。

そして、なにより、故人とは、多くの

奇跡のなかでめぐりあっています。

来世もめぐりあえたらとおもいます。

故人が亡くなる直前に選曲していたかも

しれません、もしそうだとすると、みんなの

事を考えてくれていたんだとおもいます。

音楽ってすごいなと思いました。





コメントの投稿

非公開コメント

No title

望月君、1週間宜しくお願いします!

音楽は作り手や歌い手、聴き手の想いによって様々な意味を発揮しますね。
葬式も時代と共にあり方が変化してきていますね。
そうした流れの中で音楽の役割も変わっていくのだと思います。

プロフィール

有限会社イーリード

Author:有限会社イーリード
静岡県沼津市にある会社です
エアコンクリーニング、しろあり駆除・防除、衛生管理の仕事をしています。
www.ereed.jp

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
イーリード日記のカウンター
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード