FC2ブログ

長いものには。

おはようございます、真です。

横綱の暴力事件で、相撲界が大変な騒ぎになりました。

暴力をふるった横綱は責任をとって辞めることになりました。
しかし、これで無かったことになるほど、根は浅い問題ではありません。

問題はモンゴル力士たちの集会があり、その場に別の横綱もいたのに、暴力をふるう力士を、止めずにボコボコにされるのを見ていたことにあるのかと思いました。(止めたと供述されてはいますが)

だんまりを続けている親方もいますが、この別の片方の横綱の話になります。

彼は、現役引退後にモンゴル国籍のまま、現役時代の四股名のまま親方になることを希望したのですが、伝統を重んじる相撲協会に拒否されました。

そして、角界には人種差別がある的な発言をして、大バッシングを受けました。

この時を境に、問題行動が多くなってきたと思います。

駄目押しをしたり、大変なときにバンザイ三賞をしたり、横綱としての品格を問われ続けています。

彼からしてみたら、これまでの自分の功績と、相撲を守ろうと奮闘してきた努力が、日本人じゃないという理由だけで認めてもらえないと感じたので、ヒールになる…
ではありませんが、その憤りからの行動なのかなと思いました。

問題行動や、暴力事件を止めなかったことの理由にはなりませんが、発端にはなった事例ではないでしょうか。

日本の伝統というものがあるし、相撲界という括りのなかで、長いものにはうまく巻かれなくては、順風にはいかなくなると思いました。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

真君、ブログ有難う!

悪しき伝統は断ち切るべきだし、そうでないものは守っていくべきだと思います。
なんでも時代とか、強いからという理由だけで変えていいわけがありませんね。
相撲というものがあってその人がいるのも事実ですから、一時の感情で振る舞ってしまっては、自分が積み上げてきたものを自分で壊すようなものだと思います。
関係者それぞれ考えや言い分があると思いますが、相撲界にとって、それを見守り応援してくれるファンにとって何が最適なのか?
そうした部分も踏まえて今後の対応をしてほしいものです。
プロフィール

有限会社イーリード

Author:有限会社イーリード
静岡県沼津市にある会社です
エアコンクリーニング、しろあり駆除・防除、衛生管理の仕事をしています。
www.ereed.jp

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
イーリード日記のカウンター
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード