快適に過ごす。

おはようございます、真です。

携帯などの端末で、駅のトイレの空き状況が分かるアプリが開発されたそうです。

原理は個室の扉に、マグネットのセンサーを取り付けて、空いているか閉まっているかを判定し、そのデータをサーバーに自動で送信するというもののようです。

もっとハイテクな装置を使っていると思いきや、意外と原始的な装置に驚きました。

大掛かりな工事は不要で、簡単に設置でき設備や管理費もかなり抑えられるらしいです。

また、使用頻度も分かるので、多い場所は掃除の回数を増やしたりすることも可能です。

電車に乗っていて、お腹を壊して急にもよおしたくなったりした思い出もあります。

地下鉄や私鉄などが、張り巡らせるように走っている街中ならいいのですが、私たちの身近では、あまり役に立たないのかもしれません。

しかし、こういった機能があると安心して電車に乗ることが出来ます。

昨日書いた席の紹介サービスもそうですが、新しいITを使った、快適に過ごすための顧客満足サービスです。
ITは発想次第でいくらでも広がる、無限なサービス空間だと思いました。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

真君、ブログ有難う!

首都圏はトイレが不足していると思います。
特に電車車両内、駅周辺など・・・。
無駄をなくす為のツールとして活用できそうですが、使用ニーズの高い高齢者などへの配慮や使いやすさなども併せて進化していってほしいですね。
また、トイレは生理現象に対する設備なのでまだまだ整備が必要だと思いますが、必ずしも便利=快適とは限らないと思います。
ここから先はITを活用する人間の道徳観やモラルが問われてくると思います。
プロフィール

有限会社イーリード

Author:有限会社イーリード
静岡県沼津市にある会社です
エアコンクリーニング、しろあり駆除・防除、衛生管理の仕事をしています。
www.ereed.jp

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
イーリード日記のカウンター
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード