FC2ブログ

チームワーク。

おはようございます、真です。

女城主直虎の感想になります。

直虎が亡くなったのは、本能寺の変があった年だという説もあり、この辺りはクライマックスに描かれていました。

信長が本能寺にて、家康を暗殺しようとしているので、やられる前に一緒に信長を討とう!

と、明智光秀が家康に話を持ちかけたという話は、少し前に、光秀のご子孫の方が唱えた説と同じだったので、思わず興奮してしまいました。

この辺りは戦国時代最大のミステリーなので、おぼろげながらで、真実はハッキリと描かれてはいませんでしたが…妄想は膨らむばかりです。

このとき直虎も、海路から家康たちの逃げ道を確保するという立場を全うしていました。

この逃避行が一番の難関であったと、家康が語っていたという話も残っているくらいなので、さぞかし大変な道中だったのでしょう。

皆のベクトルが揃い、見事にチームワークが発揮されていたので、少人数で逃げ遂せたのだと思いました。

明日は最終回の感想を書きます。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

真君、ブログ有難う!

この辺りは本当に妄想が膨らみますね。
真実が分からない、さらに諸説あり、といったところがまた歴史の面白さなのでしょうね。

現代においては、例えば会社でのチームワークを図るにはただ漠然と仕事をしていても良くはなりませんね。
そもそも会社はチームだ、という意識を各自が持つことが大前提ですが、仕事以外の共有する場面を多く持つことがチームという意識をより高めると思います。
実践あるのみです!
プロフィール

有限会社イーリード

Author:有限会社イーリード
静岡県沼津市にある会社です
エアコンクリーニング、しろあり駆除・防除、衛生管理の仕事をしています。
www.ereed.jp

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
イーリード日記のカウンター
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード