FC2ブログ

4日目

おはようございます。ishikawaです。4日目お願いします。

昨今、トラックドライバー不足による物流業界の異変が問題となっています。

昨年末、お世話になっている会社さんから、数日ほどペットボトル飲料の配送を依頼頂きました。

12月の半ば頃で、年末に向かってせわしなくなる頃でした。通年通して忙しくなる状況でしたが、今までは、人をやりくりして対応していたと思います。

しかし、今回はそうでもないようです。このとき、営業店へ行って送り状をもらい行った時のことです。

夜の8時頃だったのですが、発送している運送屋さんの営業店に人がいないのです。いないわけではないのですが、通年のように、大勢いないのです。通年この時期は、蜂の巣をたたいたかのように多くの人がひっきりなしに作業をしていました。しかし、このときは通常の人員で作業しているように感じました。これは、ドライバーさんがいないのではないかと感じました。

今までは、需要と供給でいえば、需要>供給の関係でした。しかし、需要<供給となってしまいました。少子高齢化と、過酷な労働環境でドライバーになる人が少なくなっていることが原因だそうです。ネット通販の拡大ときめ細かいサービスを実現、維持によるためだそうです。飲料水や、ゴミ箱など、昔ならホームセンターに自分で行って購入していたものもネットで購入。時間指定を実現する為、多くのドライバーを必要とします。指定の時間に配達に行っても、納品出来るとは限りません。それら履歴も全て記録していないといけません。さらには、運賃無料といってる会社も有ります。

高度できめ細かいサービスの実現と維持。これからは、これをどこまで、ダウングレードするか、それを許容できるか。これが、テーマになるのではないでしょうか?

コメントの投稿

非公開コメント

No title

石川君、ブログ有難う!

物流業界の問題は私たちの生活に直結してきますね。
物流無くして経済も生活も成り立ちませんから。
しかし、その物流というものがデフレと企業のエンドレスな競争、消費者過保護などによって軽視され、現場が悲鳴を上げています。
頭の良い人たち、額に汗かかない人たちが儲かる時代の矛盾なのだと思います。
農業も同じだと思います。
人が働くということや、それによって生み出されたものの価値というもの、そして本当に必要なものとそうでないものの区別など今一度見直す時期に来ているのだと思います。

No title

社長、コメント有り難うございます。

おっしゃる通りだと思います。
働くことを意味を今一度、考え直す時期に来ていると思います。
プロフィール

有限会社イーリード

Author:有限会社イーリード
静岡県沼津市にある会社です
エアコンクリーニング、しろあり駆除・防除、衛生管理の仕事をしています。
www.ereed.jp

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
イーリード日記のカウンター
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード