4日目

おはよう御座います。ishikawaです。4日目お願いします。

先日聞いた話なのですが、成長するアーティストは、自分が得意なことと、得意としたいこと、他の人から期待されている事がそれぞれわかっており、そのバランス感覚がうまいという話を聞きました。

自分の得意なことと、得意としたいことの区別はつきます。多くの人は得意なことを中心に考えてしまいます。得意としたいことの訓練が出来ずにいます。
「他の人から期待されていること」これが理解出来ている人が少なく思います。

例えば、ギタリストを目指している青年がいるとします。ギタリストだけでは、食べていけずに、コンビニでバイトをしているとしましょう。

彼の得意なことは、ライブハウスでのパフォーマンス。得意としたいことは、さらなるギターテクニックの向上。他の人から期待されていることは、コンビニでの仕事。(少し違うかもしれませんが)

このバランスがうまい人がこれからの時代、生き残っていくのではないかと思います。
今までは、得意としたいことを中心に力を入れれば、ある程度のことは出来ていたと思います。

しかし、これからは期待されていることを向上する事により、本来得意なこと、得意としたいことの向上に結びつくことがあります。なので、どれをもまんべんなく出来る人が求められると思います。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

石川君、ブログ有難う!

ちょっとズレてしまうかもしれませんが、得意なことを更に伸ばすとか、得意としたいことを身に着ける為に、結局は苦手なことに取り組んだりすることになるのだろうと私は思っています。
ネクタイ締めてその他大勢の中で関わり合いながら気を使いつつただ働くより、作りたい曲を作り、自由に表現し、それを生業としたい、と思う人は多いでしょうね。
でも現実問題、それを仕事としてやっていく為には避けたかったことにも直面し、しっかりそこをクリアーしていった人が生業として出来るのだろうと思います。
物事は表裏一体ということを意識していきたいですね~
プロフィール

有限会社イーリード

Author:有限会社イーリード
静岡県沼津市にある会社です
エアコンクリーニング、しろあり駆除・防除、衛生管理の仕事をしています。
www.ereed.jp

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
イーリード日記のカウンター
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード