6日目

おはようございます。ishikawaです。6日目お願いします。

インフルエンザが猛威を振るっている。

厚生労働省が1月26日にまとめた発生状況によると、全国で推計患者数は約283万人。これは1999年に調査を開始してから過去最多だという。

これを受けてメディアは「なぜインフルが大流行したのか」みたいなテーマでさまざまな分析をしている。最初にワクチン不足があったせいだという意見もあるが、目下有力なのは、A型とB型が同時に流行したことで患者数がグーンと押し上がったから、らしい。

みなさんも職場や通勤電車で見かけたことがあるだろう。誰が見ても熱があって具合が悪そうなのに出勤してきて、マスク越しにゴホゴホしながら仕事を頑張る、おじさんたちだ。

だが、なによりも迷惑なのは、この手のおじさんは職場における「パンデミックの引き金」になってしまうことにある。

おじさんご本人はマスクをしているので問題ないと思っているが、完全密閉ではないのでどうしても「しぶき」などが隙間から、空気中に飛散する。さらに、手についた唾が、ドアノブ、複合機のボタンなどで周囲の人に接触感染を引き起こす恐れもあるのだ。

なんてことを言うと、仮に「隠れインフル」が原因だとしても、そこでなぜ「おじさん」ばかりを目の敵にするのだ、と不愉快になるおじさんも多いことだろうが、それにはちゃんと理由がある。

「風邪くらいで絶対に休めない」という常識を社会に広めている犯人だからだ。

2016年、第一三共ヘルスケアが30~40代の4603人を男性を対象に調査をしたところ、約6割が「風邪で仕事を休めない」と考えていることが判明した。

一般社員(47%)、係長/主任クラス(49%)、経営者(51%)などと比べて67%と圧倒的に「休まない派」が多いのが、なんと「部長クラス」だったのだ。

少しくらい熱や咳があっても出勤する、というと体力を過信している若者や、組織内での評価が定まっていない新人のイメージが多いかもしれないが、実は組織内である程度のポジションにつけばつくほど、「風邪くらいで休めない」と考えている事実が浮かびあがったのだ。

日本人は組織内での責任が増すほど「風邪でも休まない」という傾向がある。これは、みなさんが想像している以上に日本社会に悪影響を及ぼしている。

日本社会は「上へならえ」が基本である。だから、部長クラスのおじさんが「風邪くらいで休めるか」という思想にとりつかれると、その部下である若者世代はもちろん、おじさん社会のなかで肩を並べて働く女性たちも、否応なしにそこへ合わせなければならない。つまり、「風邪くらいで休めるか」という思想が、管理職世代から組織全体、そして社会全体へとまるでウィルスのように広まってしまうのである。

これこそが「風邪でも絶対に休まないおじさん」を問題視する最大の理由だ。

なぜこういうような風習ができたのかというと、明治時代の近代化による影響が大きい。江戸時代あたりの日本人はわりとアバウトで、約束もよく破ったし、いまのように働き者ではなかった。そこで、明治の経営者たちは、休まない労働者を褒めて、サボりぐせのある人たちにはペナルティを課すという、マネジメント方式を導入した。

これが、発端となり、台風でも国鉄のストで交通機関がまひしても、歩いて会社を目指す彼らの頭には、戦時中の労働戦士と同じく、「休むのはエゴ」という思い込みがあった。

休みたくても休める雰囲気ではない。自分が休んだらもうなにも回らない。そういう悲鳴が日本中であがっているのは、よく分かるが、先ほども申し上げたように、病人が無理を押して仕事をしても効率が悪いだけだし、組織全体にはマイナスだ。

日本の生産性向上のためにも、新型インフルで犠牲者を減らすためにも、政官民が一体となって、「風邪でも絶対に休まないおじさん」を「風邪は絶対に休むおじさん」に変えていかなければいけない。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

石川君、ブログ有難う!

何かのコピペ?(笑
力入ってますね。
キッカケは明治近代化の波かもしれませんが、今特に言えるのは余裕の無さがあると思います。
昔の徒弟制度のように「背中を見て覚えろ」や「修行」という概念が無くなり、よりシステム化されてきていますが、その反動で個々の力やスキル・仕事の質というものが著しく低下してきていると思います。
そこに競争社会、大手が先行した海外生産、国内デフレなどが重なり現状があるのでしょう。
質の高さを価格に転嫁し、せめて一年の半分で一年分を稼げるくらいになれば・・・。

プロフィール

有限会社イーリード

Author:有限会社イーリード
静岡県沼津市にある会社です
エアコンクリーニング、しろあり駆除・防除、衛生管理の仕事をしています。
www.ereed.jp

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
イーリード日記のカウンター
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード