FC2ブログ

4日目

おはようございます。ishikawaです。4日目お願いします。

先日聞いた話なのですが、最近の若い人は知らない人からの電話をものすごく嫌がると言います。就活生が1次試験合格等の連絡に電話で通知が来るときは、学生が会社側に「私に電話したい場合は、1週間前に指定の電子メールアドレスに電話をして良いか予約を入れて下さい。予約のない番号には出ません」というのです。

また、別の若い人は就職して電話対応がイヤで入社まもなくやめてしまったというのです。顔の見えない誰かわからない人から掛かってくる電話にプレッシャーを感じるというのです。今の若い人たちは、固定電話がない家庭も多くあると思います。社会に出ていきなり固定電話の対応は大変だと思います。

固定電話のない法人はないと思いますし、これからもそうだと思います。固定電話の対応というのは演技力を鍛える場であり、相手の声のトーン、雰囲気で察するツールです。

とても、日本人的ですが、話している内容と声のトーン感覚で真意を察する必要があります。相手によって普段使わない声色を使い、社会で生きていく上での処世術を学ぶ場でもあります。私が若い頃は親などの大人がそれを目の前で見せてくれたことにより、世の中の仕組みの一端を見せてもらったように思います。

声だけでやりとりするツールでそれらが出来れば、対面の際、更にそのスキルは向上すると思います。文章を作る力は大切です。しかし、対面した時の処世術。会話術に疑問を感じる要因の一端がここにあるのではないかと思います。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

石川君、ブログ有難う!

今の若い人たちは可哀想なのかもしれませんね。
大人社会の欲の上に出来上がったツールのお蔭で人間らしさや日本人らしさを失ってしまっているとしたら・・・。
冬季五輪でも日本人の特性が良い結果を出しています。
世代に関係なく良いものはしっかり受け継がせていきたいですよね。
これから機械化・自動化がますます進む中で、より人間らしさも求められていくように思います。
教育、就労、それぞれにおいて人間らしさを培える仕組みが必要かもしれませんね!
プロフィール

有限会社イーリード

Author:有限会社イーリード
静岡県沼津市にある会社です
エアコンクリーニング、しろあり駆除・防除、衛生管理の仕事をしています。
www.ereed.jp

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
イーリード日記のカウンター
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード