モチベーション。

おはようございます、真です。

ヘンテコノミクスという、変わったタイトルの経済行動学のマンガの本が注目を集めています。

色々な小話が載っています。
なかでも、こんな話が例としてネットで取り上げられています。

とあるお爺さんが、壁の落書きに困っていました。

消しても、また近所の小学生に書かれるというイタチごっこを繰り返しています。

怒り続けたお爺さんは疲れ果て、ある日、落書きを書く度に、書いた小学生にお小遣いをあげることにしました。

そして何日か小遣いを上げ続けました。

ある日のこと、お金が無くなったから、もう小遣いは上げられない…
とお爺さんは言うと、小学生たちは一気にやる気を失い、落書きはなくなりました。

初めは自分たちが楽しむために、落書きをしていた子供たちですが、お爺さんからお小遣いを貰っている間に、いつの間にか落書きをする目的が、お小遣いを貰うことにすり替わってしまったという話です。

仕事をした報酬は、やっただけ貰えるという成果報酬が当たり前だという世の中ですが、この話を読むと、果たしてそれが一番良いのかと疑問に思ってしまいます。

きっとたくさん頂いていた給料が少なくなると、モチベーションは一気に無くなってしまうのでは…

お金は大事ですが、ありがとうの言葉や、良く頑張った!という言葉を頂く方が、よほど次の仕事の糧になるのではないかと思いました。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

真君、ブログ有難う!

なかなかユニークな寓話ですね~
目的と手段の入れ替わりはよくある話ですね。
仕事の対価はたしかに金銭だけではないですね。
そしてそれは社内だけに収まらない話ですよね。
仕事を頼む方も請ける方も互いに感謝し合える関係性で仕事をしたいですね!

プロフィール

有限会社イーリード

Author:有限会社イーリード
静岡県沼津市にある会社です
エアコンクリーニング、しろあり駆除・防除、衛生管理の仕事をしています。
www.ereed.jp

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
イーリード日記のカウンター
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード