4日目

おはようございます。ishikawaです。4日目お願いします。

先日伺ったシンポジウムで、会場が貸し会議室のホールでした。
B1Fが会場でその建物に結婚式場、宿泊施設が入っています。

当日は、2月の初めで外は寒かったのですが、建物に入ると暖房が効いていました。
上着を預けるコインロッカーもなかったのですが、係の方が、私に親切にも「クロークで上着をお預かりしましょうか?」と言っていただきました。ここで私が悪いのですが、この「クローク」という言葉を知らなかったので「クロック」(つまり時計?)と勘違いしてしまいあろうことかそれを声に出してしまったのです。

係の人はお預かりしましょうか?と更に言い直してクロークを指し示していただきました。
あまりの自分の無知に赤面しながらもクロークへ行き上着を預かってもらいました。

あまりの恥ずかしさと申し訳なさに、上着だけでなくサイフや携帯まで預けようとしてしまい、クローク担当の方に「貴重品はありませんか?お預かりすることは出来ません」とあっさり断られてしまいました。

無知とは恐ろしい物で、いくらそのようなシチュエーションがなくても知っていることとそうでないこと。そうでない場合、どのように推理して状況を回復するか?そして如何にその力に弱いかを良く知ることが出来ました。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

石川君、ブログ有難う!

誰もが経験するようなことですね。
年齢を重ねるごとに変なプライドや羞恥心で質問することに躊躇ってしまいます。
でも知らない・分からないことは素直に聞けるようでありたいと思います。
最近それが平気になってきた自分が逆に怖いですが・・・。
プロフィール

有限会社イーリード

Author:有限会社イーリード
静岡県沼津市にある会社です
エアコンクリーニング、しろあり駆除・防除、衛生管理の仕事をしています。
www.ereed.jp

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
イーリード日記のカウンター
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード