FC2ブログ

思い出

望月です。

昨日もコメントありがとうございます。

桜の開花もそろそろですね。

それではブログ5日目宜しくお願いします。

ここ数年、少子化や地方の衰退を感じる

現象が多くなってきました。

少子化の為、統廃合で小学校や中学校が

閉鎖されたり、最近では高校も閉鎖

されるところが多くなってきました。

やはり、自分の母校がなくなるのは

なにか寂しい気持ちになると思います。

自分たちの町では昔使っていた庁舎が

いまは倉庫になっています。

ある町では昔使っていた、学校を

研究所として再活用しているとのことです。

新しい活用法ができたなとおもいます。

学校ってどこかで故郷のような感じが

します。

うまく活用し、学校や庁舎はは

地域の中心にあることが多いので、もっと

地元の人が使いやすく、交流の施設として

使えないかとおもいます。

なにより、みんなの思い出の場所なので

残してくれればとおもいます。



コメントの投稿

非公開コメント

No title

望月君、ブログ有難う!

時代の転換期にきているのかもしれませんね。
今まで常識だったことも非常識になってきたり・・・。
今、障がい者や生活困窮者、児童養護施設出身者など就労困難者と言われる人が増えてきています。
生保などとの絡みで就労も上手く進まないケースがあります。
当然、保証人がいないなどの理由で住宅問題も絡んでいます。
廃校舎など旧公共施設などをグループホームや通勤寮として活用することで住宅供給による最低限の生活を担保し、あとはお金を支給するのでなく働いてもらう、というのが良いように思います。
働けるのに賃金と生保を天秤にかけて結局は働かず・・・では本末転倒ですね。
まして人手不足という現状もあるし。
とにかく壊すにもお金がかかることですので、旧公共施設などは安全性を確認した上で活用を考えてほしいですね!
プロフィール

有限会社イーリード

Author:有限会社イーリード
静岡県沼津市にある会社です
エアコンクリーニング、しろあり駆除・防除、衛生管理の仕事をしています。
www.ereed.jp

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
イーリード日記のカウンター
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード