FC2ブログ

価値。

おはようございます、真です。

若者の間でかなり有名な、海賊版のコミックの閲覧サイトがあります。

登録もなく、誰でも無料で利用できてしまうという恐ろしいサイトです。

マンガだけではなく、ファッション雑誌や写真集、最新の週刊誌なども見れてしまいます。

担当の美容師の方に聞いたのですが、違法ではないという謳い文句に惹かれて、たくさんの人が見ているとのことです。

閲覧出来るのは、ネット上のどこかに存在するデータであり、直接サーバーに保管しているため、著作権上の問題はないというのです。

法の目をかいくぐり、ぎりぎりのことを海外のサーバーを利用して運営しているようです。

こういうサイトがあるから、マンガを買わなくなったという人も必ずいると思います。

出版社やマンガ家からすれば、確実に収入も減ってしまい、かなりの痛手になることでしょう。

マンガ家の価値を下げている、悪質なサイトなので、間違っても利用しないようにしようと思いました。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

真君、ブログ有難う!

難しい問題ですね。
昔の立ち読み文化がネットによって大幅に拡張された感じでしょうか・・・
誰かがネット上にアップしたものを見るのは違法ではないのかもしれませんが、その分そもそもアップした、閲覧できるようにした人に対しては相当の罪が課されてもおかしくないと思います。
ネットで最大の課題は「誰?」が明確にならないところだと思います。
だからいい、というメリットも少なからずあるのでしょうけどデメリットの方が圧倒的に多いと思います。
SNSもそうですが”個”をきちんと明確にすることが大前提であるべきだと思います。
プロフィール

有限会社イーリード

Author:有限会社イーリード
静岡県沼津市にある会社です
エアコンクリーニング、しろあり駆除・防除、衛生管理の仕事をしています。
www.ereed.jp

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
イーリード日記のカウンター
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード