FC2ブログ

生き方。

おはようございます、真です。

北海道に日本全国から注文が殺到する、三千人待ちという本屋さんがあります。

1万円分、注文した人に最もあった本を選書するというサービスのようです。

どうやって選書するのかというと、読書歴や現在の境遇などをアンケートによって答えて貰い、その人物のあぶり出しをしていきます。

すごいと思った所は、店主があらゆる本の内容を把握していて、その人にあった本を見つけてしまうところです。

店主は年間に200冊もの本を読んでいるそうです。

選書は、1日5人くらいが限度で、利益は1日に1万円程度だということです。

書籍代と送料のみで手数料をとらないとのことで、手間を考えると恐ろしく薄利です。

しかし、自分が選んだ本で、その人の生き方が変わるチャンスを与えられるなんて、とても大変ですが、読書好きとしては、すごく幸せな生き方なんじゃあないかと思いました。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

真君、ブログ有難う!

インターネットやスマホの普及で紙離れと同時に書籍離れも顕著だと聞きます。
そうした中での付加価値の高いサービスが、残る書籍ファンにウケているのかもしれませんね。
大企業は大量にさばきますが、中小零細は量を質でカバーするのが本来です。
我が社内でも、”洋服の検査なら○○さん”、”野菜の加工なら○○さん”というようなスペシャリストの集まりになることがこの本屋さんのような付加価値なのだと思います。
私も小さいですが、この静岡県東部では”障がい者就労といえば・・・”がかなり浸透しいろんな相談がきます。
一万円どころか一円にもなりませんが、そうしたことに取り組む傍らの経営だからホームサービスも営業せずとも注文が頂けるのだと思います。
我が社に足りないのは私自身のより広い周知と営業力、そして各作業における圧倒的なスペシャリストです。
頑張りましょう!
プロフィール

有限会社イーリード

Author:有限会社イーリード
静岡県沼津市にある会社です
エアコンクリーニング、しろあり駆除・防除、衛生管理の仕事をしています。
www.ereed.jp

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
イーリード日記のカウンター
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード