FC2ブログ

優しい嘘。

おはようございます、真です。

西郷どんの感想です。

一橋派であった斉彬は井伊直弼に反発し、兵を率いて上洛することを計画していましたが、急死して中止となっていました。

そして、井伊直弼の安政の大獄により、幕府に楯突いた者たちへの弾圧が始まりました。

徳川斉昭や一橋慶喜らは、隠居、謹慎処分となってしまいます。

当然、月照と吉之助にも追っ手が迫り、薩摩に逃げ出しますが、薩摩にて日向流しの刑が言い渡されました。

…日向流しとは死刑のことです。

親友の大久保正助は、必死に吉之助の助命の道を探り、色々な所へ奔走します。

最終的に斉興の元へ行き、

「斉彬に重く用いられていた西郷を殺したら、家中が乱れる。」

と進言しますが、最終手段として出された交換条件は、西郷が月照を斬れば生かして貰えるということでした。

しかし、月照を切って自分が助かるなんてことは、吉之助に出来るはずもないわけで…

正助が月照を切るように言うと、吉之助は、わかった、ありがとう!と笑顔で答えました。

…悲しい結末は、日向流しの船上から、月照と吉之助が手を取り合い、水面へと一緒に落ちて行きました。

ここで嘘でも「わかった」と言わなければ、正助は、また助命に走り回り立場を悪くして、将来が無くなってしまうかもしれません。
…最悪、命を落とすことになるかもしれません。

悲しい時代でいたたまれなくなりますが、とても優しい嘘だったと思います。

これで、第一部完みたいな感じでしょうか。
来週がとても楽しみです。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

真君、1週間ご苦労様でした!

本当に時代背景からして壮絶ですね~
奄美に行ったことで運命が変わったということになっていますが、やはりそれは”活かした”という表現が正しいでしょうね。
現代でもそうですが、良きも悪きも周囲のせいにしているようでは成長はありませんね。
吉之助も壮絶な出来事の後だけに廃人として短い余生を奄美で過ごすことだってありえたと思います。
でもそこは流石偉人として語り継がれるだけありますね。
ピンチや不遇不利からの立ち上がりは見事なものだと思います。
まだまだ波乱の展開となりそうですが、たしかに来週以降も楽しみですね!
プロフィール

有限会社イーリード

Author:有限会社イーリード
静岡県沼津市にある会社です
エアコンクリーニング、しろあり駆除・防除、衛生管理の仕事をしています。
www.ereed.jp

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
イーリード日記のカウンター
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード