FC2ブログ

5日目

おはようございます。ishikawaです。5日目お願いします。

先日のことです。メインPCを操作していると、メーカーから最新のアップデートの案内が来ました。

今回は、無線LANのプログラムが新しくなったので更新しては?という内容です。特に考えもなかったので、アップデートしたのですが運のつきです。インターネットにつながりにくくなるわ、PC自体の動作は遅くなるはお話にならないスペックになりました。システムの復元を試みても回復することはありません。いよいよ、リカバリーをすべきか考えます。そもそも、無線LANのプログラムを更新してからおかしくなりました。新しいものを削除して済むかがわかりません。

それであれば、リカバリーが最適です。しかしこの作業1日ないしは、1.5日を要します。これは、危険です。

そもそも、インストールしたソフトの評価がわかりません。そこで調べてみるとインテルが出しているにもかかわらず、悪評価です。

これらを踏まえ感じたことは、得体の知れないものは、安易に導入しないということです。

昔観たアニメ映画に、警官用ロボットを管理するソフトに得たいのしれないものはインストールしてはいけない。いくら上層部の命令でも。というものがあり、そのとき、整備部の担当者は画面だけを同じにして中身は変更していない。実は新しいソフトが悪さをするというものでした。

今回は違いますが、それでも一番どうにかなってはいけないものにどうにかしてしまった責任はあります。

新しいから、安いから、性能がよくなるから、甘い言葉は沢山あります。私たちはそれにいかに踊らされないか?多分に考える必要があります。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

石川君、ブログ有難う!

石川君らしくないですね~
でも、そういう体験も血肉にすればPCスキルも一段とアップする!?
自らの体験より強いノウハウはありませんからね~
良い物は高い、という時代から”安くて良い物”という時代に変わっています。
そう考えるとコンピューターの世界はまだ旧態依然なのでしょうか???
プロフィール

有限会社イーリード

Author:有限会社イーリード
静岡県沼津市にある会社です
エアコンクリーニング、しろあり駆除・防除、衛生管理の仕事をしています。
www.ereed.jp

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
イーリード日記のカウンター
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード