FC2ブログ

ポイントはここだ!

イーリード 越膳 2018.7.17

【ポイントはここだ!】
昨日の続きになりますが・・・
教授というのは、総理をはじめとする内閣閣僚などと共に政策や制度を決める委員の一人でもあります。
政策提言や制度改正に重要な役割をはたしているそうです。
ただ、教授を含む全ての委員の個々の意見が全部反映されるわけではないそうで、現行制度にも納得いかない部分は多々あると言ってましたが・・・。

(制度の話とはズレますが)教授の考え方と言う部分で“ネットワークは個で繋がる”という話は強く共感出来ました。
以前のブログで、支援先担当者の有り方について書いたと思います。
一人の障がい者が就労しようとする時、及び就職してからなども引き続きの支援や情報交換は必要だったりするものです。
そのプロセスでは当事者に対する支援者と企業担当者が存在します。
人対人ですね!
そこに当事者も含めて信頼関係を構築することでより良い支援が出来、定着へとつながっていくのだと思います。
しかし残念ながら支援側では人が辞めてしまったりと変わってしまうことがよくあります。
企業側も配転などで変わることがありますが福祉側の方が頻繁のようです。
ここで組織と組織で繋がっていたとしても、そこに人としての信頼関係は無く、まして当事者である障がい者にとっては不安でしかありません。受け入れた企業側も同じく・・・
ではどうすればよいか、ということについてはまだ策が乏しいですが、支援事業でなく支援者に当事者が付くという概念は経済的面も含めて入れていかねばならないのだと思います。

今年度から定着支援サービスという制度がスタートしました。
このサービスで効果を出していく為には“ネットワークは個で繋がる”という重要なポイントを遂行できるかがカギになると思うのですがはたして・・・???


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

有限会社イーリード

Author:有限会社イーリード
静岡県沼津市にある会社です
エアコンクリーニング、しろあり駆除・防除、衛生管理の仕事をしています。
www.ereed.jp

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
イーリード日記のカウンター
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード