7日目


おはようございます。 ishikawaです。最終日お願いします。

先日、落語家の桂歌丸さんがお亡くなりになりました。いわずと知れた、「笑点」第1回目から出演されておられました。

落語は見たことはなくても、笑点の大喜利は見たことがある人は多いと思います。

歌丸さんの大喜利を拝見して感じたことは、ただ、面白いことをいうのではなくどこかに世相風刺や時には政治批判をされていることでした。

これも落語という文化や歴史的背景によるものなのではないかと思うのですが、直線的に言うのではなく、あえて濁してみたり、落語のエッセンスを入れてみたりと見ている人間が共感できる言葉で、お話されていました。

落語家の業務内容の1つとして、ただ、政治家(役人)の言いなりになるのではなく、エンターテイメントを楽しむ場でも、どこかで日常がおかしくなっていないか?不幸せな方向に向かっていないか?不幸せ不公平な人はいないか?それを疑問に不自然に思っていないか?それをお客様にお伝えできているか?

そして、見る側の私たちも同じ感覚、思考を持ち合わせているか?試されている気がしました。

それが芸事の1つなのかもしれないと考えさせられた出来事でした。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

石川君、1週間ご苦労様でした!

歌丸さん、残念でしたけど生涯現役でいろんなものを次世代に残してくれたのだと思います。
ご冥福をお祈りしましょう。
落語は伝統芸能ですね。
時代によっては出来なかったりご法度な時もあったと聞きます。
あちこちで世相や時代背景を物語や笑いに変えてきた落語が出来るということは平和なんだと思います。
これからも落語が生き続ける世の中であってほしいですね!
プロフィール

有限会社イーリード

Author:有限会社イーリード
静岡県沼津市にある会社です
エアコンクリーニング、しろあり駆除・防除、衛生管理の仕事をしています。
www.ereed.jp

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
イーリード日記のカウンター
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード