FC2ブログ

6日目

おはようございます。ishikawaです。6日目お願いします。

毎日暑い日が続いています。それも信じられない位の暑さです。

犬を散歩に出したら、アスファルトが60℃近くになり、火傷したとか、しないとか、がニュースになっていました。

公立の小中学校にエアコンを設置するしないで問題になっています。また、野外でのスポーツも中止や暑さ対策を次々に導入しています。

今の暑さって、人間が耐久出来る暑さの限界を超えていると思うんです。
30年前と今とでは、最高気温が今の方が上がっているというデータもあります。
100年前からでは、10℃気温が上がったというデータも出ているそうです。

最高気温だけで言ったら、今年の日本はケニアのナイロビやエジプトのカイロと同じ暑さになっているそうです。

そんな中で今までの経験則を用いても意味がありません。日本の場合、暑さと同時に湿度も高いです。何もしなくても体力が奪われていきます。不用意に庭の草取りを行っては命取りになります。

そこに無理矢理、会社に行ったり、学校へ行ったりしていいいものか?と思います。
ある会社では、VR技術を用いてネット上の仮想空間を作ってそこで会議を行うシステムを作ったそうです。議事録もAIが文章化してくれるそうです。暑い日や遠方値へわざわざ赴く必要性がないというのです。

確かに今だけ暑いから、お休みに出来ないという意見はありますが、そこで無理をして2時災害になってはいけないと思います。

海外でも、日本の今年の暑さをニュースで取り上げています。外国人観光客は暑さのため観光が出来ずに、休んでいる人がたくさんいるようでした。

新しい時代の環境問題、気象問題、生活方法の問題だと思います。これをどう模索していくか?失敗したとき、非難と解決方法のバランスをどうとらえていくか?

自然界からためされているように思います。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

石川君、ブログ有難う!

地球全体の温暖化もあると思いますが、経済成長のツケが今の酷暑だと思います。
家電や自動車の普及、それを供給する工場の稼働やオフィスの乱立、更にはそれを確保すべく森林伐採やアスファルトの増加などなど・・・
酷暑対策と貨幣経済をベースとした利益追求の経済成長を狙い、更に暑くなっていくこと間違いなしです。
多くの仕事は人が物や人に対して行っており、涼しい机上の話で他人を動かしているのはほんの一部です。
だから暑さを理由に稼働を止めることは出来ないでしょう。
アパレルの物流業務も外注消毒も人が物を動かし現場に赴いて初めて成り立つサービスです。
無人化・自動化・AIなどを活かせる仕事はまだまだ少ないでしょう。
もっともそれがどんどん増えれば国内に私たちの仕事は無くなるでしょうね。
だから当面は個々の価値を高め、それによってもたらされるサービスや物の品質を高め、結果的に生産性や利益率を向上させて労働効率向上による出勤抑制や時短にもっていく以外ないと私は思います。

No title

訂正

外注消毒×
害虫消毒○
プロフィール

有限会社イーリード

Author:有限会社イーリード
静岡県沼津市にある会社です
エアコンクリーニング、しろあり駆除・防除、衛生管理の仕事をしています。
www.ereed.jp

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
イーリード日記のカウンター
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード