FC2ブログ

心配

望月です。

昨日もコメントありがとうございます。

雷がよく鳴りますね。

それではブログ2日目宜しくお願いします。

若い時、親が心配してくれる事を「説教」

「余計なお世話」と思っていた時があります。

先日、親を亡くした方が、もっと親と話しとけば

と言っていて、何よりも寂しいと言っていました。

今、段々大人になっていき、親の「説教」

と「余計なお世話」がどれほど大事だったかわかります。

親も自分が耳が痛いと解っていてもあえて言って言ったと

思います。

なかなか、耳が痛い事を言ってくれる人はいません。

心配してくれる人がいるという事は幸せな事

です。


親と喧嘩するよりは親と仲よくやった方がいいに決まっています。

親ともう少し話す時間を増やしていきたいです。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

望月君、ブログ有難う!

長年同居していながらそう思うモッチーは立派ですよ。
私は長年同居していないくせに親に対してまったく思いも孝行もありません・・・(汗
こういう話で片付けてはいけないと思うのですが、私の世代は親と離れてナンボ、みたいなところが多分にありました。
モッチー世代、その下以降は働くことも含めて新たな意識志向に入っていったジェネレーションだと思います。
私も意識改革しなければ・・・
プロフィール

有限会社イーリード

Author:有限会社イーリード
静岡県沼津市にある会社です
エアコンクリーニング、しろあり駆除・防除、衛生管理の仕事をしています。
www.ereed.jp

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
イーリード日記のカウンター
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード