FC2ブログ

ターミネータージェニシス

イーリード 越膳 2018.10.26

【ターミネータージェニシス!?】
さて、昨日書いた同友会大学での学びの中身について少しだけ触れておきたいと思います。
オックスフォード大学からだったか(?)、「10年後に無くなる仕事」というようなタイトルでの発表がされましたね。
著書も出たかな???
とにかく2、3年前だったか、多くの人が衝撃を受けたと思います。
それが実際どうなのかも今回の受講に際して関心のあるところでした。
質疑応答でもそこについて話が出ましたので受講者の多くが高い関心を持っていたと思います。
教授の言う結論的には「完全にはそうならない&分からない」というようなものでした。
ナントも抽象的ですが、講義の中身からすると納得です。
言うなれば、まず人工知能(AI)の定義が曖昧だということ。
何を?どこまでを?そう扱うのか?
大手が競うようにAI搭載的な謳い文句で商品やサービスを発信してきますが、日々専門的に研究している教授側から言わせるとその多くはAIとは言えないと・・・。
それが前提で、かつ業務が細分化されてく中で部分的にAIが担うことはあるだろうと。
更に、定義が曖昧だから分からないという点と、科学技術の進歩・進化は予測不能で都度出てくる情報も何がどこまで真実化も不明だから・・・。
ただ、少なからず私たちの生活や仕事に浸透してはいく、それも案外気付かないところで徐々に、あるいはいつの間にかという感じで。
いずれは映画の世界ではないが人間がAIに支配統括される日は来る、ということでした。
AIは膨大な過去のデータの蓄積とそれを基にした分析力が脳みそになるそうです。
従ってデータ化し難く感覚や感性が主でギャランティされる仕事は残るであろうというのが教授の最後の締めでした。

ちょっと長文が続いたので明日以降はシンプルに・・・(汗


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

有限会社イーリード

Author:有限会社イーリード
静岡県沼津市にある会社です
エアコンクリーニング、しろあり駆除・防除、衛生管理の仕事をしています。
www.ereed.jp

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
イーリード日記のカウンター
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード