FC2ブログ

6日目

おはようございます。ishikawaです。6日目お願いします。

先月、HCR2018に行って来ました。国際福祉機器展の略称で毎年10月ごろに開催されるアジア最大級の展示会です。10月10日「水」10月11日「木」10月12日「金」の3日間東京ビックサイトで開催されました。福祉機器と名のつくものであれば、車椅子からベット、車、住宅etcと多岐にわたります。1日ですべてを見ることは大変ですし、人によって関係のないところもあるので時間を決めて見にいくか、場所を区切って見に行くようにする必要があります。

出品者側も国内外問わずにこの展示会に向けて新製品を開発しています。B to Cだけではなく、B to Bの商談も数多く展開されます。

私は、車椅子と車と見たい目的が決まっているのでそこはあまり問題はありません。

車椅子は、ある程度予想していた内容でしたが、それなりに収穫がありました。もう1つ驚いたのは、自動車を運転するときの補助装置及び、車椅子を車に乗せる装置の種類の多さに驚きました。

感想は、国内より海外のメーカー(特に欧米)が強い印象を受けました。

日本より10年または、20年先をいっているといわれている理由がこうゆうところに出ていると思います。

いろいろ理由はありますが、その1つに高級車に搭載できるというのです。ウン百万やウン千万円といった車に設置できます。もちろんそれだけではないのですが、なんというか枠というかそうゆうものが感じられません。こうじゃなければいけないとかこうしなければいけないとか、そんな考えをむしろなくしてしまおう。その人が快適に運転や生活ができるためにどうすればよいかを考えようという思いを強く感じました。メーカーは海外ですが、それを取り付けるまたは販売する会社はメーカーの考えを理解した国内の販売店が担います。

後は実際に見て触ることが改めて大事だと思います。HCRは、年1回ビックサイトで行われますが、大阪や、沖縄でも規模の差はありますが開催されます。

これらの情報を並列できればと思います。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

石川君、ブログ有難う!

実際に見ることで、物だけでなく雰囲気・熱気も感じることが出来ますね。
福祉の定義にもよりますが、先進国の中では日本は遅れている方だと思います。
どこの国も財源は限られていますから、優先順位の問題もありますね。
特段、国土が広いわけでもない日本はもっと機器類やインフラも含めてバリアフリーになっていいと思います。
プロフィール

有限会社イーリード

Author:有限会社イーリード
静岡県沼津市にある会社です
エアコンクリーニング、しろあり駆除・防除、衛生管理の仕事をしています。
www.ereed.jp

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
イーリード日記のカウンター
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード