FC2ブログ

6日目

おはようございます。ishikawaです。6日目お願いします。

先日、神奈川に行くことがありました。現地で少しトラブルがあり、行き先が京浜東北線のある駅が最寄となりました。

小さい駅で、ホームに降りると上り下りと対面しています。

どちらも、ホームを出るには長いのぼり階段を使う必要があります。しかし、そばにはゴンドラがありました。インターホンを押して駅員さんを呼び出します。

しばらくすると駅員さんがやってきて、準備を始めてくださいます。ゴンドラが設置され車椅子で乗ることができます。乗り込みます。ゲートがしまり、いざ、稼動となりますが、動きません。どうがんばっても動きません。

駅員さんが駅舎に戻って手作りのマニュアルを持ってこられます。それでも、問題は解決しません。そのため、あきらめてさらに次の駅で降りていくことにしました。

これって、よくあることだと思います。普段使っていない機械をいざ使おうとすると使えない。よく使い方を理解しないで実務にあたる。これが問題だと思います。

頻度が少ないから使い方がわからない。自分の生活にリアリティーがないだから覚えられない。わからないわけではありませんが、それが時の場合によっては利用者の命をも危うくする。それを知っていただきたいと思います。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

石川君、ブログ有難う!

これも日頃の備えの一つなのでしょうね。
エレベーターでなくゴンドラというところが、その駅の高齢者や障がい者の利用をどう考えているかということや予算の使い方が垣間見えますね。
首都圏は駅の数も多いので設置の順番もあるのかもしれませんが・・・
プロフィール

有限会社イーリード

Author:有限会社イーリード
静岡県沼津市にある会社です
エアコンクリーニング、しろあり駆除・防除、衛生管理の仕事をしています。
www.ereed.jp

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
イーリード日記のカウンター
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード