FC2ブログ

印鑑の必要性

おはようございます。ishikawaです。アップ遅くなってすいません。

私が若いころ、ある障害者スポーツの私設団体の事務局をしていました。そのスポーツは静岡県の障害者スポーツ協会の認定をうけており、少しですが、年間補助金が下りていました。さまざまな障害者スポーツの団体があり、1競技・1団体の認定しかありませんでした。

その中で、スタッフのはんこが必要な状況が発生しました。当然はんこなので直接会っていただくという流れになります。

任意団体で、役員それぞれがそれぞれの生活があります。すぐにすぐ、もらえるわけではありません。

本当はよくないのですが、代表(別の人)の許可を得て代表のはんこは100均で購入して必要なときに必要に応じて使うことができるようにしました。そのとき、はんこの必要性意義について考えさせられました。
サインなどの直筆は筆跡でわかるのでいいと思いますが、はんこは誰でも購入できますし、印鑑証明などしていなければ、意味がない。もっと言えば犯罪の温床になるのでは?と感じました。

手軽で便利といえばそうですが、今の時代にそぐわないと思います。印鑑のすべての使い方が悪いとは思いませんが、使い方といいましょうか、ニーズをかえていく必要があると思います。こうすればいいというビジョンはないのですが、印鑑とデジタルの融合がいいと思います。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

石川君、ブログ有難う!

たしかに判子文化は善し悪しありますね~
一方で指紋認証が普及していますが、結局はいたちごっこで普及と共に悪用手段も出てくると思います。
完璧な認証ツールってないかもしれませんね。
それだけに使用側のモラルがやはり重要なんだと思いますね!
プロフィール

有限会社イーリード

Author:有限会社イーリード
静岡県沼津市にある会社です
エアコンクリーニング、しろあり駆除・防除、衛生管理の仕事をしています。
www.ereed.jp

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
イーリード日記のカウンター
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード