FC2ブログ

切り替えと切り分け

おはようございます。アップ遅くなってすいません。ishikawaです。

先日、ある映画の上映会に参加しました。それは、知的に障害のあるかたが一人暮らしをするドキュメンタリーでした。その後、映画に出てくる当事者のかたのお父さんが講演して下さいました。生活介護制度が身体の方だけではなく、知的の方にも適用されるし、自立生活支援センターは、知的の方自立にも支援をして行くという者でした。また、独自の問題として、物を破壊したり、大きい声で騒いでご近所に迷惑がかかり、住まいを退去させられたという話もありました。それでも、ヘルパーさんとほぼ、1日生活をして行きます。

お話を伺う中で、『選択肢』と『切替・切り分け』の話に思いました。1つの方法で、全てを解決するのではなく、色々試した上で、どの方法が適切か考える。

今の福祉行政で、中々出来る事ではないですが、実はここが1番大切であり、この部分のフットワークを軽くするシステムを作る事が大切だと思いました。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

石川君、ブログ有難う!

行政はどうしても一律的なことになりがちですね。
よりきめ細かなサービスなどはやはり民間でしょうね。
そこに委託費という予算をかけてでも行政に出来ない事はやってほしいですね!

プロフィール

有限会社イーリード

Author:有限会社イーリード
静岡県沼津市にある会社です
エアコンクリーニング、しろあり駆除・防除、衛生管理の仕事をしています。
www.ereed.jp

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
イーリード日記のカウンター
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード