FC2ブログ

どこまで自助努力?


おはようございます。ishikawaです。

先日あるIT系に勤める人と話をしたときのことです。昨今話題のWifiのただ乗り問題。企業もセキュリティの観点からこの問題をクリアにしないといけないのです。

その人とと話したときに家庭でもできる少し手間のかかる方法を教えて頂きました。
お話を伺って思ったことは、実は少し手間のかかることを行うだけで格段にセキュリティの精度が上がるそうです。
私はこれが、実にしっくり来ましたし、どこか、他人事といってはよくないのですが高額なサービスや商品を導入しないといけないと思っていました。しかし、わずかばかりの手間の時間と工程を踏むことによってできることを知りました。

以前にどこかの川の映像を撮影するWebカメラの環境がのっとられたというニュースが話題になりました。
これも、実は些細な手続きで解決できたかもしれません。なぜ、対処しなかったか?というお話を伺って私は驚きました。てっきり、行政機関の人だから専門の人がしっかり行っていると思っていたからです。行政の人だからといって精通している人が担当になるというわけではないようです。

私たちは、お金をかねないといけない。あるいはそうしなければいけないと思い込んでいるところがあります。確かにそうかもしれません。しかし、自助努力できる部分はあると思います。問題は、固定概念をどこで取り外すのか?誰と取り外すのか?そこがポイントだと思います。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

石川君、ブログ有難う!

どうしたら出来るか?
それがスタートと思いきや「どうすべきか?」が無いと最適な手段も見つけにくいのでしょうね。
「どんな手段があるか?」
と検討段階に入った時に多くのアイデアを出せるかもポイントになりそうですね。

プロフィール

有限会社イーリード

Author:有限会社イーリード
静岡県沼津市にある会社です
エアコンクリーニング、しろあり駆除・防除、衛生管理の仕事をしています。
www.ereed.jp

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
イーリード日記のカウンター
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード