FC2ブログ

地元の資産の喪失

おはようございます。ishikawaです。

先日、会社近くの本屋さんが閉店されてしまいました。そこの本屋さんは20数年営業されており、地元に根ざした本屋さんでした。公私ともにお世話になり、委託訓練のテキストはこちらで購入させて頂きました。それもあり、とてもショックでした。他の店舗と違い本屋さんは、店舗毎に考え方といいますか、テーマがあり、おそらく店長さんの考え方が顕著に出てくる物なのだと思います。

実は、少し前まで専門書(私の場合ITC関係)は、都心部の本屋さんで購入するようにしていました。品揃えも豊富ですし、集客力がちがうので色々見る事が出来る利点があると思っていました。確かに間違いはないのですが、そうそう専門書関係で目新しいものを見たいと思うことはないのでは?と思うようになりました。また、目新しいものを見たい場合はそれをおいてある店舗に行けば良いと思います。

最近、地元の本屋さんの専門書への品揃えが充実していることに驚きました。
各分野の書籍でトレンドがあるのでしょう。関東圏の書店に行っても同じ品揃えが地元の書店でも、見る事が出来ました。

わざわざ、遠出して重たい思いをするのであれば、地元の書店で購入することが有益ではないかと思うようになりました。そう思わせて頂いた本屋さんの閉店のため、重ねて驚きました。

地元の文化の喪失といいますか?そのような事を感じた出来事でした。


コメントの投稿

非公開コメント

No title

石川君、ブログ有難う!

寂しくなりましたね~
仕事でも家庭でも御世話になった本屋さんでしたので・・・
先日も息子が静岡県内でしか販売していない雑誌を買って送ってほしいと依頼してきましたが閉店後だったのでとても困りました。
コンビニをあちこち回ってどこも売り切れてる中、やっと現場近くのお店で買うことが出来ました。
不便になりましたね~
プロフィール

有限会社イーリード

Author:有限会社イーリード
静岡県沼津市にある会社です
エアコンクリーニング、しろあり駆除・防除、衛生管理の仕事をしています。
www.ereed.jp

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
イーリード日記のカウンター
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード