FC2ブログ

トラブルシューティング

おはようございます。ishikawaです。

先日の土曜日の夕方、新聞配達員の方がいらっしゃいました。実は、明日配達するはずの地元の新聞を今日配達してしまったというのです。それを回収したいと言うのです。母親が対応して、探したのですが、すぐに出てきません。配達員さんも気を遣われ、なければいいですよ。とおっしゃいました。私はそのやりとりを見てて、なぜ回収するのだろうと思いました。しばらくすると明日の新聞がみつかり、配達員さんに返却しました。代わりに今日の新聞を受け取りました。

翌日、日曜日の新聞とお詫びの文章が添えられていました。

確かに、日にちを間違えて配達したことは問題です。同じ部数再発行する事にもコストが発生します。だから回収する。それに伴う、お詫び文をさらにおりこむ。本当に大変だと思います。私の家族はその事には何1つ問題を感じていません。そこまですることはないのにと話していました。

今の時代のトラブルシューティングの重要性と過剰さを垣間見たように思います。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

石川君、ブログ有難う!

ありますよね~そういうことって!
そこまでしてくれるの!?
そこまでしなくていいのに・・・
付加価値なのか過剰サービスなのか???
行き過ぎた事の中に無駄や環境問題に絡むこともあるでしょうね~

プロフィール

有限会社イーリード

Author:有限会社イーリード
静岡県沼津市にある会社です
エアコンクリーニング、しろあり駆除・防除、衛生管理の仕事をしています。
www.ereed.jp

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
イーリード日記のカウンター
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード