FC2ブログ

避難入院

おはようございます。ishikawaです。

先日の台風19号で各地に様々な被害が出ました。その中で、重度障害者の方の避難についての報道がありました。

重度障害者の方は専用の医療器具が必須です。当然、避難所にはありませんし、電源も確保できない状況にあります。

その方は、雨脚が弱まった時を見計らって自宅に戻られたそうです。
それも踏まえて、避難入院という考え方をするようになったそうです。台風のような予期できうる自然災害の場合、あらかじめ設備の整った病院に入院するという考え方です。

ただこれにも問題があり、対応できる病院がいくつあるのか?ベッド数は足りているのか?設備は整っているのか?

この話を聞いた時、この国の限界というか現実を見たように思います。

確かにいろいろ設備は必要になります。しかし、予測できうる災害に対して生存ができないかもしれない国家。こちらの方が私は問題だと思います。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

石川君、ブログ有難う!

災害発生時には「自らの命を守る行動を!」が合言葉のようになってますね。
避難訓練等で各自がその方法を探っていることと思います。
一方で自分で守ること、避難することが困難な人についての対策はやや置き去りになっているように思います。
ここは地域・行政・民間が共有しながら進めていきたいところですね。
高齢者・障がい者・児童・けが人・病人など多くの人が対象になると思いますので。
プロフィール

有限会社イーリード

Author:有限会社イーリード
静岡県沼津市にある会社です
エアコンクリーニング、しろあり駆除・防除、衛生管理の仕事をしています。
www.ereed.jp

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
イーリード日記のカウンター
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード