FC2ブログ

職業選択の自由

おはようございます。ishikawaです。

先日、テレビのニュースを見ていると、重度身体障害者向けの介護サービスが、就労にひもづいた事ができないという内容を放送していました。

常に誰かの介護が必要な人が就労する場合、その時間は重度訪問サービスという行政が提供するされないというのです。

国は法改正の可能性も視野に入れているので、まずは、企業側に協力を求めては?ということで今回は結論付けされました。

企業が介護者を手配するという国の要求ですが、当時者は、自分のことがわかっている人ではないから、また、介護者がころころ変わらないかと心配されていました。

日本はこれまで、製造業で発展してきました。短い時間で、よい製品をたくさん作ってきました。その中で、重度身体障害者がはいることは大変です。

そして、これが今の日本の最大の課題の1つだと思います。

大きな枠に入ることができない人たちの生活の援助ができない。
確かにさまざまな問題があると思います。しかし、これからの少子高齢化を考えたときに雇用の枠が生まれることは率先して行うべきだと思います。障害のある人もない人も自由に働くことができる社会。これが本来あるべき姿だと思います。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

石川君、ブログ有難う!

間違い探し(笑
「常に誰かの介護が必要な人が就労する場合、その時間は重度訪問サービスという行政が提供するされないというのです。」

さて、働き方改革や多様性という言葉が独り歩きしているようにも感じる昨今ですが、生き方の多様性という根本が置き去りになっていると私は思っています。
そして、この多様性を受け入れ、成立させようとすると今の資本主義の限界が見えるようにも思えます。
障がい者だけでなく、様々な人格・身体・精神的特性を持つ人間の集まりが社会ですから、根本的な社会構造から考えて取り組んでいかないと答えは出ないように思いますね~


プロフィール

有限会社イーリード

Author:有限会社イーリード
静岡県沼津市にある会社です
エアコンクリーニング、しろあり駆除・防除、衛生管理の仕事をしています。
www.ereed.jp

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
イーリード日記のカウンター
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード