FC2ブログ

体験

望月です。

天気が変わりやすいので、洗濯物が大変ですね。

それではブログ2日目宜しくお願いします。

ある方が、戦争を知っている世代が少なくなり、戦争を

知らない世代が多くなるのは戦争の恐ろしさをしらない人が増え

また、戦争が起きないかと心配だと言っていました。

戦争を知っている世代は、あんな辛い思いは二度としたくないと

心底から思っているからだそうです。

なによりも、原体験からくる話はとても、考えさせられます。

自分の親戚の中でも、戦争に行って旦那さんが戦死してしまった人いるし

戦争さえなければ、もっと穏やかな人生だっただろうという人も何人も

知っています。

戦争の原体験者の体験を次の世代にも伝えられるようにしていきたいです。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

望月君、ブログ有難う!

本当にそうですね。
個人的には、戦争のことについてはもっと学校で学ばせるべきだと思っています。
既に社会人の人たちに対しては別ですが・・・
また、戦争のことを知る上で大切なのは客観性です。
学校であれば、外国人講師も交えて様々な角度から学ぶとよいのではと思います。
国内で庶民は本当に辛く悲しい体験をしましたが、政治的、あるいは国外の出来事も無視できません。
そういう学び方をしたうえで結局、犠牲になるのは庶民なんだということが強く共有できると良いと思っています。
そのことが選挙を通じた政治参画にもつながると思います。
プロフィール

有限会社イーリード

Author:有限会社イーリード
静岡県沼津市にある会社です
エアコンクリーニング、しろあり駆除・防除、衛生管理の仕事をしています。
www.ereed.jp

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
イーリード日記のカウンター
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード