FC2ブログ

「普通」と「異常」

おはようございます。ishikawaです。最終日お願いします。

学生時代、仲間内で「異常か?」「普通だ!」という掛け合いが流行ったことがあります。
このようなシチュエーションは学生時代だけではなく、よくあることです。皆さんだって、口にするしないの違いはあっても、1日に1回くらいは「普通こうだろ?」とか叫んでいるはずです。叫んでいないとしたらあなたはよほど幸せな人生を歩んでいるに違いないでしょう。

「皆さん」というのは、1人の例外もなく全員を表します。つまり全人類が、自分は普通で相手が異常だと考えているということになります。「普通」は人の数だけ存在するらしいようです。

なぜかわれわれは仕事を頼むときにはそのことを忘れてしまいます。相手が自分と同じ普通の人間だと思ってしまいます。そして、あとになって仕事の結果をみて、相手の異常さを思い出します。逆にいうと、仕事を受ける側も自分自身の普通な感覚に従って解釈し、作業を行います。

そんなとき、相手になにかを伝えようとしたときに、自分の「普通」が如何に普通でないかを自覚することができてさえいれば、正しい伝え方を心がけることができるかもしれません。
つまり、伝える側は、正しく伝わったかどうかを必ずフォローアップし続けること。伝えられた側は、自分の解釈をフィードバックし続けること。 普通すぎる結論かとは思いますが、異常な意見ではないとおもいます。


1週間おつきあいいただきましてありがとう御座います。

社長はじめスタッフの皆さん。また、読んでくださった皆さん。ありがとうございました。
来週からは村田さんが担当くださいます。




ハウスクリーニング・シロアリ駆除防除は 沼津・三島・富士・静岡県東部はイーリード

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【「普通」と「異常」】

おはようございます。ishikawaです。最終日お願いします。学生時代、仲間内で「異常か?」「普通だ!」という掛け合いが流行ったことがあります。このようなシチュエーションは学生時代だけではなく、よくあることです。皆さんだって、口にするしないの違いはあっても、1?...

コメントの投稿

非公開コメント

No title

石川君、ブログ有難う!

仕事を頼まれたら「相手の要求を満たす」ことに集中しましょう。
しかしそれは最低限のこと。
「どうしたら喜んで頂けるのか」
そこまで徹底したいですね。
人類は学習能力のある生き物ですから、キャリアアップも必要ですね。
キャリアも難しく考えず「喜ばせ上手になっていく」と考えればいいと思います。
昨日より今日、今日より明日と、少しずつでも進歩していく自分でありたいものです。

おはようございます。
石川さん、ありがとうございます。一週間お疲れさまでした。
あります、あります。
判断基準も普通はごく一般的にはこうだろうで決めていることが多いです。
それに対してお客さまが、「そのくらいはいって下さい。」と言われる事があります。
基準はお客さまですが、最終的なお客さまは消費者になります。
こちらの基準は石川さんが言われる通り、10人いれば10通りです。
考えながらになりますが、最終的には、自分がお金を出して買う場合どうかで決めています。普通は微妙な基準です。
気にする人は気にする、気にしない人は気がつかないですね。そのあたりは、長いやり取りの経験を生かして下さい。
ただ、自分の普通はみんなの不通ではないと心がけていないとダメという事ですね。
ちょっと考え即判断です。
自分が迷うと数人の時間が止まりますから。
プロフィール

有限会社イーリード

Author:有限会社イーリード
静岡県沼津市にある会社です
エアコンクリーニング、しろあり駆除・防除、衛生管理の仕事をしています。
www.ereed.jp

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
イーリード日記のカウンター
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード